棚は、僕たち家族の愛しいよりどころ<br>(デザイナー・芝山淳)

棚は、僕たち家族の愛しいよりどころ
(デザイナー・芝山淳)

日々うつろう私に寄り添う、のびやかな棚(GOLEM・川端奈那) Reading 棚は、僕たち家族の愛しいよりどころ
(デザイナー・芝山淳)
1 分
目次

心地よい棚、心地よい暮らし。一人ひとりの個性が表れる棚を見せてもらい、正解のない棚の楽しみ方を一緒に考える「私の棚」。第3回はプロダクトデザイナーの芝山淳さんにお話を伺いました。

芝山淳
精密機器メーカーでプロダクトデザイナーとして勤務。4年前に自宅をリノベーション。趣味は自転車。1LDK、68㎡、3人家族。
Instagram:@shiba_ouchi


DIYで暮らしに根ざした住み心地を叶える

旅先で集めたスノードームやムーミンのフィギュア。動物のイラストに蚤の市で出会った雑貨の数々。好きが散りばめられた空間から、家の主たちが朗らかに過ごす日々が自然と伝わってきます。

プロダクトデザイナーとして働く芝山さんは、妻と1歳の息子と世田谷区のすみっこに暮らしています。コの字型のリビングは、陽の光がたっぷり入り、観葉植物が至るところに。4年前にリノベーションをしたことで、住み心地を考える機会が自然と増えたそう。

「リノベで天井や壁など大きな所は整えましたが、住みやすさってどんどん変わっていきますよね。『ここを変えたら暮らしやすいかな?』ってしょっちゅう手を加えています。直近では息子の成長に伴い、安全面に気を配るようになりました」

観葉植物の土で遊ぶのを防ぐためにプランツテーブルをDIY、キッチンに吊り下げ収納をつけるのもお手のもの。陶芸家の母を見て育ち、もの作りが昔から大好き。目の前の暮らしに根ざした心地よさを、都度アップデートしています。

「既製品が部屋にぴったり合うことって意外とないんですよね。あと何cm大きければ…みたいな。そういうときは大体自分で作っちゃいます。これはホームセンターでちょうどいい円の板を見つくろって、右寄りに生える幹に合うよう穴の位置を調整しました」

棚があるといつでも楽しい日々にふれられる

どんな棚を選び、何を収め、飾るか。棚にはその人の暮らしが表れます。芝山家でとりわけ目を引くのが、ワークスペースからリビングまで長くわたした飾り棚。本やマンガを中心に、思い出の品や小物がテンポ良く飾られています。

「僕も妻もモノが大好き。せっかく気に入って買ったものは常に見えるところに置いておきたいんです。仕事や家事の合間など、何かの拍子に目に入るとうれしいから」

そう微笑む視線の先には、海外旅行で買い集めた13個のスノードーム。よく目にするお土産品ですが、棚に集結したことで、芝山家ならではの愛しい風景となっています。

「だいぶ集まりましたね〜。妻の趣味で旅先では必ず買っています。数が増えるごとに、幸せな思い出が増えていく感覚。僕たちは楽しい日々にいつでもふれていたいのかもしれません」

団らんの中心に、美しく機能的な棚

AIR SHELFは玄関入ってすぐのダイニングにひっそり佇んでいました。発売前から「めちゃくちゃ楽しみにしてました」と話す芝山さんがまず感じたこと。それはプロダクトに一貫して流れる心地よさ。

「開封から設置に至るまでノイズがなくて驚きました。洗練されたパッケージ、ビニールレスな梱包…細部まで行き渡る美意識にふれて、“自分はいいものを使っているんだ”という愛着が日に日に増しています」

ダイニングの収納は長らく悩みの種だったそう。約4畳ゆえ大きな棚を置けず、ごちゃっと床置きされる荷物を見て見ぬふりする日も…。毎日家族そろってごはんを食べる場所だから、安らげるよう整えたい。

まず、下のHookとShelf Mを活用して、保育園アイテムと普段づかいのアクセサリーをすっきり収納しました。Shelfをお子さんの手が届かない高さに設定したのもポイントです。

「小さなスペースに収納をつくれたことが本当にありがたいです。息子の着替えや連絡帳をすっと取り出せて、すっとしまえる。朝ごはんを食べて、ここで着替えて登園という流れができ、忙しない朝がスムーズに進むように」

(登園かばんはHookに。棚の接地面が少なくロボット掃除機も置ける)

また上2つのShelfには思い出や季節のしつらえを。リビングより少しパーソナルなダイニングだから家族写真も気兼ねなく。「いつでも楽しい日々にふれたい」という想いを叶えてくれます。

「こないだ足型を見た息子が「あ・し」と口にして、みんなで喜びあいました。飾ることで会話の糸口になるし、やっぱり思い出せたらうれしい。家族の今にふれられるよう、こまめに更新したいと思っています」

(重さのある写真フレームも安心して飾れる)

大人も子どもも外の世界ではいろんなことがある。だけど玄関をあけて一息つき、ふと目を向けた先で楽しかった日々に出会えるとしたら。AIR SHELFがさまざまな家族の愛しいよりどころとなっていく風景が目に浮かびました。

(写真と文:七緒)