【ねこだな・かべ】 ラブリコで作る、壁面収納型キャットタワー

【ねこだな・かべ】 ラブリコで作る、壁面収納型キャットタワー

【ねこだな・かど】 ラブリコで作る、コーナーラック型収納付きキャットタワー Reading 【ねこだな・かべ】 ラブリコで作る、壁面収納型キャットタワー 1 分
目次

ラブリコで作る「ねこだな」は、猫が自由に上り下りできる踏台と収納を兼ねた、猫との暮らしをより豊かにするキャットタワーです。
初めて使う方でも扱いやすく、空間に合わせて自由にカスタマイズできるラブリコなら、愛猫ちゃんの好きそうな場所や、窓の高さ、家具の位置などに合わせて、それぞれの場所にぴったりフィットする居場所を作ることができます。
今回は3種類のねこだなの中でも、壁面にぴったり付けて設置するタイプのキャットタワー「ねこだな・かべ」のレシピをご紹介します。

準備するもの

【材料】

【道具】

  • コンベックス(金属製のメジャー)
  • プラスドライバー
  • 鉛筆

《木箱について》
木箱は好きなもので構いませんが、猫がステップとして使うため、箱同士の高さが350〜400mmずつになるようなサイズを選びましょう。
木箱のサイズと猫の体型によっては、ステップが小さいと感じる場合があります。
今回はW(横幅)約37cm / D(奥行)約26cm / T(高さ)約17cmの木箱を使用しています。


設計図


作り方

①2x4材にラブリコ強力アジャスターをはめます。


②柱の下から高さを測り、木箱の取り付け位置に印をつけます。


③印に従い、柱A、Cの太い面に木箱を2個ずつ、1箱当たり4か所ねじで固定します。

《木箱を固定する際の注意点》
・木箱の背面(本来の底面)を2×4材の端に合わせます。
・木箱の背面にでっぱりの部材がついている場合は、部材の端を2×4材の端に合わせます。
・猫が通るための箱と箱のすき間は150mm程度を目安にしてください。
※今回は右に立てる柱Aには下から600mm、1400mmの高さに、左に立てる柱Cには下から1000mm、1800mmの高さに木箱の上端がくるよう設置しました。完成した際、箱同士の高さは400mmずつあがっている状態です。


柱A、Cが完成です!

木箱を2個取り付けた柱Aを設置場所に立て、垂直に立っているかを見ながらアジャスターを締めてつっぱります。


⑤柱Aについている木箱の側面に合わせて、真ん中の柱Bを太い面が前を向くように壁に沿って立てます。


⑥柱Bの細い面に木箱をねじで固定します。(1つの木箱当たり2か所ねじ止め)


⑦柱Cを立て、柱Bの細い面に木箱をねじで固定します。(1つの木箱当たり2か所ねじ止め)


「ねこだな・かべ」が完成!



おすすめアレンジ ▶ 今回は柱材の横に爪とぎを設置しました。



使用シーン

ねこだな・かべの全景。


窓の近くにステップを設置してあげると、窓の外を眺められてごきげん♪


右に行ったり。


左に行ったり。楽しいにゃん!


猫は高い所が大好き。上からの眺めも最高にゃー。

猫が箱のなかの物を落としてしまっても危なくないように、上部の木箱には重い物や割れやすい物は置かないようにしましょう。

柱の側面に付けた爪とぎも使い心地よさそう。


LABRICOのアジャスターはつっぱり機構で固定するので壁にネジ穴をあけることなく柱の設置が可能。
生活の変化に合わせて取り外しや移動も手軽にできます。
強力アジャスターは動荷重にも強く、猫の元気な動きにも耐えられる構造なので安心してキャットタワーにご使用いただけます。

壁面のあいているスペースを最大限に活用できる「ねこだな・かべ」。左右幅広く動き回れて猫ちゃんも楽しそうですね!
壁面の木箱にお気に入りの小物を飾って、その横で愛くるしくくつろぐ猫ちゃんの姿を眺めていたら、にゃんともしあわせなおうち時間が過ごせそう。
みなさんもぜひ、「ねこだな・かべ」づくりに挑戦してみてくださいね。



ねこだな設計 / いしまるあきこ
(一級建築士・猫シッター)


保護した6匹の猫たちと、DIYでリノベーションした住まい兼仕事場「羽田ねこのいえ」で暮らす。一級建築士事務所ねこのいえ設計室を主宰し、設計だけではなく猫向け小規模リフォームの施工も行っている。猫たちと暮らす以前の2011年からDIYを始め、初心者や女性向けDIYワークショップを行ってきた。現在は猫と暮らす方のDIY個別指導も行っている。著書に『猫と住まいの解剖図鑑』(エクスナレッジ)など。
http://nekonoie.tokyo


ラブリコで作る「ねこだな」設置の注意点

●猫が降りる際、木箱の中の物に手をかけて落とすことがあるため、壊れやすいものは置かないようにしましょう。
●天井や床材の構造・強度等によっては、天井や床材が変形し、緩む可能性がありますので、取り付け2~3日後、その後も週に1回程度定期的に調節ねじを確認してください。
●キャットタワー・ステップの制作では、使用荷重が表示されている突っ張り製品を使用しましょう。猫の安全のために、ステップでは猫の体重の5倍程度の使用荷重があるものを選ぶことをオススメします。
※ラブリコ強力アジャスターは1本あたり使用荷重40Kgです。


キャットタワー使用上の注意事項

■使用上の注意
・猫が飛び乗ったり、降りたりする振動で倒れる恐れがありますので定期的に取り付け状態を確認してください。
・乳幼児や子供を製品の近くで遊ばせないでください。
・キャットタワーに人が乗ったり、寄りかかったり、ぶら下がるなどの荷重をかける行為はおやめください。
・猫によっては予期せぬ行動をとる場合がありますので、飼い主の目の届く範囲で使用してください。
・猫の予期せぬ行動から発生したケガや事故・破損に対する保証は致しかねます。

■使用荷重について
製品ごとに設定されている使用荷重を超えての使用はしないでください。
複数の猫で使用される際は、使用荷重に注意してください。

■設置場所について
火気や暖房器具のそばに設置はしないでください。火災ややけど、製品の変形の恐れがあります。万が一倒れても支障のないところで設置してください。